INSTRUMENTALプラン/Nesteg Arts音楽制作部門

INSTRUMENTAL

インスト楽曲に特化した音楽制作プラン -INSTRUMENTAL-

楽器演奏者様の音楽活動や、ご自身のCD制作において、オリジナル楽曲の提供や編曲などを承るプランです。音楽大学等にて専門的に作曲を学び、譜面作成からレコーディング現場での指示などにもしっかり対応できる作家が制作担当いたします。クラシックからクラブミュージックまで様々なジャンルに対応できることにより、演奏者様の幅広い音楽ジャンルでの活動を広範囲に渡りサポートいたします。

楽器を主役に置いた、インスト楽曲制作プラン/INSTRUMENTAL

楽器演奏者のための音楽制作プラン

楽器を主役に置いた、インスト楽曲制作プラン/INSTRUMENTAL

 
 
 
譜面に重きが置かれれいるクラシックの分野と、サウンド感を重視するポップスの分野では基本的な価値観が違う訳ですが、特に音楽大学など、クラシックの分野を基礎として、その上でポップスの分野で活動をされている演奏家様にとっては、この両者の違いをバランス良く混ぜてくれる作家に出会えないことも多いかと思いますが。
 
Nesteg Arts 音楽制作部門では、そういったバランス感覚を持っている作家が担当させていただけますので、譜面作成からレコーディング、サウンド調整まで、安心してご依頼下さい。
 

※サンプル動画もございますが、著作権の関係上、WEBでの公開は控えさせていただいております。
ご興味がある方は別途お問い合わせください。

   

お申し込みから音楽制作完了までの流れ
- Flow of Music Production -


J-Pop, Rock, Idol, Anime, Club Music, Hip-Hop, Folk, etc...

お問い合わせフォームの記入欄に沿って、ご希望の音楽制作プランや決まっている楽曲イメージ等をご連絡ください。

お打ち合わせ日程の決定後に、担当作家や担当ディレクターと弊社事務所兼スタジオにて入念な打ち合わせを行います。
 
楽曲のイメージを伺う中で、既にある楽曲データや楽譜などをご持参いただいたり、Youtube等を用いてその場で実際に音を出しながら、目指す方向性を具体的に双方で確認していきます。
 
幅広く音楽制作を手がけてきた経験上、時に既存曲を例に出しながら、例えば、テンポやリズムパターンなどを具体的にその場で再現することで、クライアント様の「頭の中にイメージ」と、「実際に聞いてみたサウンド」との間のズレに気づくことが少なくありません。
そういったことから、事前確認を特に丁寧に行うことが、最終的な楽曲のクオリティを大きく押し上げることに繋がります。
 
※遠方にお住まいなど、事務所にお越しになれない方は、スカイプ等によるオンラインでのお打ち合わせも可能です。

お打ち合わせで決めた方向性に沿って、ワンコーラスのデモ音源を制作、ご確認いただきます。
 
この時点で「この箇所をもっと盛り上げたい」「参考曲よりも少しテンポをあげたい」といったご希望があれば、この段階で軌道修正し、イメージに近づけていきます。

ワンコーラスデモが固まった後に、フルコーラスデモを制作、ご確認いただきます。
この時点でも、なにか気になる箇所があればその都度修正を行います。

必要に応じて、歌や楽器を、弊社スタジオや外部スタジオにてレコーディングしていきます。
 
お客様がレコーディングされる場合では、担当作家が客観的にディレクションしつつ、アーティストイメージや楽曲の色を大切にしたレコーディングを行います。
 
演奏者やボーカリストにレコーディングをお願いする場合、担当作家やディレクターがレコーディング指揮及びディレクションを行い、楽曲に寄り添った演奏や歌唱をレコーディングしていきます。
 
クライアント様が立ち会う場合:その場で意見を交換しつつレコーディングを進めていきます。
クライアント様が立ち会わない場合:担当作家やディレクターがクライアント様に代わり、レコーディングを進めていきます。

レコーディングした歌や楽器を、こちらで制作したオケに混ぜ、聞いていて気持ちの良いバランスになるまで、丁寧に音質調整していきます。
 
ミックス作業では、個々の楽器の音量バランスや音色の調整、ボーカルのピッチ修正などを行う為、そこに焦点を絞り、イメージと相違がないかご確認いただきます。
「ここはボーカルを大きめにしたい」「ギターの音をもっと目立たせたい」など気になる点があれば、入念に調整していきます。
 
※弊社でCDプレスやネット配信を行わない場合、この時点で制作完了・納品となります。

必要に応じて、CDプレスやネット配信(iTunes, Amazon Music, Google Play Music等)に向けた音源の調整、また入稿に適したフォーマットにて、納品させていただきます。
ご希望によっては、CDプレスの手配(別途料金)やネット配信の発注(別途料金)も行うことが可能です。

 
 

Instrumental, 映画音楽, TVドラマ, TVアニメTVCM, Orchestra, 室内楽, 舞台, ミュージカル, etc...

お問い合わせフォームの記入欄に沿って、ご希望の音楽制作プランや決まっている楽曲イメージ等をご連絡ください。

お打ち合わせ日程の決定後に、担当作家や担当ディレクターと弊社事務所兼スタジオにて入念な打ち合わせを行います。
 
楽曲のイメージ(劇版の場合は映像など)を拝見し、可能であればその場で実際に音を鳴らしながら、楽曲の骨組みを制作しつつ、目指す方向性をお互いに確認していきます。
 
幅広く音楽制作を手がけてきた経験上、時に既存曲を例に出しながら、例えば、テンポや楽器編成などを具体的にその場で再現することで、クライアント様の「頭の中にイメージ」と、「実際に聞いてみたサウンド」との間のズレに気づくことが少なくありません。
そういったことから、事前確認を特に丁寧に行うことが、最終的な楽曲のクオリティを大きく押し上げることに繋がります。
 
※遠方にお住まいなど、事務所にお越しになれない方は、スカイプ等によるオンラインでのお打ち合わせも可能です。

お打ち合わせで決めた方向性に沿って、デモ音源を制作、ご確認いただきます。(弊社事務所兼スタジオにて、絵に音を当てながらのご確認も可能です。)
 
この時点で「この箇所をもっと盛り上げたい」「参考曲よりも少しテンポをあげたい」といったご希望があればこの段階で軌道修正し、イメージに近づけていきます。
 

必要に応じて、主題歌の制作も行います。
※詳しくは、「歌ものポップス制作の場合」をご覧ください。
 

必要に応じて、スタジオミュージシャンによる生演奏のレコーディングを、弊社スタジオや外部スタジオにて行っていきます。
 
担当作家やディレクターがレコーディング指揮及びディレクションを行い、楽曲に寄り添った演奏をレコーディングしていきます。
 
クライアント様が立ち会う場合:その場でご意向を伺いつつ、レコーディングを進めていきます。
クライアント様が立ち会わない場合:担当作家やディレクターがクライアント様に代わり、レコーディングを進めていきます。

レコーディングした生演奏を、こちらで制作したオケに混ぜ、ご希望のバランスになるまで、丁寧に音質調整していきます。
 
ミックス作業では、個々の楽器の音量バランスや音色の調整などを行う為、そこに焦点を絞り、イメージと相違がないかご確認いただきます。
「ここはヴァイオリンを大きめにしたい」「ピアノ伴奏の音をもう少し抑えたい」など気になる点があれば、入念に調整していきます。
 
 

全ての楽曲のミックスが終了した後、最終確認を行います。
映画音楽等の場合は、弊社事務所兼スタジオにて実際に絵に合わせたものをご確認いただくこともできます。
 
※弊社でCDプレスやネット配信を行わない場合、この時点で制作完了・納品となります。
 

その後、必要に応じて、CDプレスやネット配信(iTunes, Amazon Music, Google Play Music等)に向けた音源の調整、また入稿に適したフォーマットにて、制作させていただきます。
ご希望によっては、CDプレスの手配(別途料金)やネット配信の発注(別途料金)も行うことが可能です。

   

音楽制作のお問い合わせはこちら

Soundtrack

 
Love Never Die
Single
Nesteg Arts Co., Ltd.
2016.03.22
 
Wishes Come True
Single
Nesteg Arts Co., Ltd.
2016.03.22
 
 

Instrumental